犬のしつけ対策ナビ

トイレのしつけ

トイレの合図と誘導

犬は、トイレに行きたくなると、そわそわして落ち着かなくなったり、臭いを嗅ぐ動作をするので、飼い主は、このトイレのタイミングを覚えることが、まずトイレのしつけのスタートになる。

この他にも犬が睡眠から目覚めたときもトイレのタイミングの可能性が高いので、よく注意しておく必要がある。このトイレのしぐさ見たら、犬からの合図だと思い、設置したトイレに犬を連れていき、そこで排泄をさせる。排泄がうまくできたら、その場ですぐ褒めてやることも重要である。

また、反対にトイレ以外の場所で排泄してしまった場合にも、すぐその場で「ダメ」「いめない」というようにコトバで叱ることも重要である(これには賛否両論ある)。この時、身体的な罰を与えてはいけない。犬のしつけ全般に言えることだが、犬の知能では、ある行動の後、すぐに褒めたり、叱ってあげないと、何を褒められているのか、何を怒られているのかが理解できないからである。

この他、犬には、縄張り意識があるため、1度排泄をした(自分の臭いの残った)ペット用シーツなどを下に敷き、その上に新しいシーツを敷くことで、自分の縄張りを意識させるという工夫もある。反対に、トイレ以外で排泄した場合には、臭いを残しておくと、この縄張り意識が働いてしまうので、きれいに掃除しておくことも大切である。

また、おしっこに対して、「オシッコ」「チッチ」などの特定の声掛けやある何かの音を、ウンチに対しても同様に特定の声掛けや音を決めて、犬をトイレに誘導した時に必ず使うことで、排泄を促す効果がある。さらには、トイレのすぐそばで遊んでやることで、少し体を動かしてり、排泄を促すという方法もある。こうしたしつけを繰り返すことで、犬は徐々にトイレがうまくできるようになっていく。