犬のしつけ対策ナビ

トイレのしつけ

トイレのしつけの基礎知識

トイレの場所を決め、トイレを作ったら、いよいよトイレのしつけを行うのであるが、ここでは、トイレのしつけの基本をまとめておく。 犬は元来、洞窟のような巣穴で生きていたと言われており、巣穴で排泄しないという習性を持っている。そのため、犬には、巣穴のように何かに囲まれた寝床と寝床とは別の場所にトイレを用意するとしつけが成功しやすい。

トイレは、寝床から離れた場所にするとよい。また、犬にはマーキングの習性から、トイレに好む場所とそうでない場所がある。最初のうちは、トイレの範囲を大きめに作り、犬が好んで排泄するトイレスポットを見つける。そして、あまり排泄しない範囲からはトレイシートなどを取ってしまい、徐々にトイレの範囲を狭めていくとよい。

また、犬は1日に2回程度排泄をするので、そのタイミングを見逃さず、トイレに誘導することを繰り返して、トイレの場所を覚えさせるのである。そして、重要なのは、トイレでうまく排泄できたら、褒めてあげること、トイレ以外の場所で排泄してしまっても、決して怒らずに、無視してトイレの場所を教えることだ。

以前は、排泄場所を間違えるという粗相をした場合には、排泄した場所に鼻を押し付けるなどの「罰」を与えることが有効と言われていたが、「罰」を与えることで、排泄そのものがいけないと思ってしまったり、人間に対して恐怖感を植え付けてしまうことになるので、こうした「罰」を与えるしつけは避けた方がよい。

また、トイレのタイミングを逃がさないためには、決まった声掛けや音で排泄を促してやるとうまくいく。