犬のしつけ対策ナビ

トイレのしつけ

トイレのしつけの準備

トイレのしつけの前に飼い主が準備しておかなければならないのが、トイレを作ることとトイレの場所を決めることである。

トイレは、ダンボールなどを使って簡易型のものを作ってよいが、長く使うということと衛生的に使うことを考えるのであれば、市販のトイレトレーを使う方法もある。トイレを作る時にまず重要なのが、そのサイズである。

小さすぎても、大きすぎても犬がリラックスすることができないからである。適用なサイズは、犬が2~3匹入るくらいの大きさよい。次に、場所を決めるのであるが、この時に注意しなければならないのは、できるだけ狭い範囲にしておくということである。

場所として、ゲージやサークルの中、風呂場、屋外などの選択肢はあるが、ゲージやサークルの中にトイレを作ることが好ましいようである。このゲージやサークルを設けることで、犬がリラックスしやすいことや、行動範囲を教えやすいという利点がある。そして、このゲージの中の決まった場所に、トイレトレーを設置するとよい。

また、ゲージやサークルの設置場所としては、人の出入りが少ない所、できるだけ静かの所が適している。犬の排泄の頻度は、1日に2回くらいなので、犬のトイレのしぐさを見逃さず、トイレに行きたそうな素振りを見せたら、決まったトイレの場所に連れていってあげればよいのである。気長に時間をかけてトイレの場所を覚えるように、この誘導を繰り返し続けること、別の所で排泄してしまっても決して怒らないことを心がけるようにするとよい。