犬のしつけ対策ナビ

散歩のしつけ

リーダーウォーク

リーダーウォークは、犬が飼い主の横に並んで散歩することで、これが、うまくいかないと犬が先を歩いてしまったり、拾い食いをしたり、マーキングを頻繁にするなどの困った行動をとるようになる。このリーダーウォークは、散歩のように考えられがちだが、散歩というよりは、しつけの一環と考えた方が良いようである。

犬が勝手にどこかに向かおうとした時に、立ち止まる、無視するなどして、犬の意思に従わないことを教えることが重要である。犬のしつけには、「繰り返し」が必要なので、こうした犬の勝手にさせないとしつけることで、飼い主がリーダーであることを覚えさせることが重要なのである。

飼い主をリーダーだと認めるようになると、飼い主の行き先について来るようになる。この主従関係を覚えさせるという観点では、特に散歩にこだわることはなく、家の中でも、玄関先でもよいのである。最初のうちは、そうした環境で徐々に主従関係を作り、それから外に出るようにするという方法もある。

外に出るようになったら、散歩自体は、犬の調子に合わせて30分~1時間行うのが良いとされている。散歩するようになったら、勝手にどこかに行かないということの他に、「待て」「おすわり」もしつけておかないといけない。

これらの命令には、犬が道路に飛び出すなどから犬を守る効果と人とすれ違った場合に迷惑をかけないようにする効果があるからである。また、飼い主の横につけという「つけ」という命令も覚えさせておくと便利である。