犬のしつけ対策ナビ

犬のしつけの基礎知識

犬のしつけ準備

犬のしつけには、犬の習性をよく理解しておく必要がある。犬はもともと野生では狩りのために「群れ」と呼ばれる集団で行動をしていた。

そのため、群れという集団の中での序列に非常に敏感である。序列に応じて、獲物も配分などが決まっていたり、リーダーに逆らうことで制裁を受けたりしていたからである。この習性は、人間と一緒に生活している場合でも変わらない。

つまり、犬は家族という集団の中で誰がリーダーなのか、自分は家族に中でどの位置にいるのかということを常に気にしている。犬は、自分よりも上の階層の者の言うことは聞くが、自分よりも下の者には言うことを聞くどころか、命令を下そうとするという習性を持っている。

そのため、まずしつけで守らなければならないのは、犬よりも飼い主は上の位置にいると常に感じさせることである。犬の会社では、上下関係がはっきりとしているため、甘やかしてばかりいて過保護になってしまうのは、最も良くない。なぜならば、甘やかされることで犬は自分の位置が高いと認識してしまうからである。

犬中心の生活などを送っていると自分が家族のリーダーであると勘違いしてしまうのである。常に、犬よりも上の立ち場に立ち、強い意志を持って一貫性のあるしつけをこころがけることが大切だ。犬にリーダーは自分であり、家族の序列の中で犬は一番下なのだと感じ取らせることが最も重要なのである。そうすることが犬と人間の信頼関係を作る第一歩なのである。