犬のしつけ対策ナビ

噛み癖のしつけ

噛み癖の理由

犬の噛み癖の原因は、1つめは、子犬の頃の甘噛みの癖が残っている場合、2つめは、以前の叩かれた経験から、頭を撫でようとすると、叩かれると勘違いし、自分の身を守ろうとする反応の場合、3つめは、飼い主との主従関係が逆転している場合、そして、4つめは、過去のトラウマのよる場合の4つが考えられる。

犬はもともと噛む本能を持っているので、噛み癖の矯正は、非常に大変なようである。しかし、ひどい場合には保健所送りになってしまうので、適切にしつける必要がある。簡単に対処法をまとめると、1つめの甘噛みの癖は、子犬の段階でしつけるのが大切で、人の手を噛むことはいけないことだということをしつけておかなければならない。

甘噛みされてしたかった時に、「だめ」と叱ることや口の奥に押し込むなどして、しつけるとよい。2つめの自分の身を守ろうとする反応の場合、怯える必要がないことを教える必要がある。手を上げると怯える場合などは、手の上に餌を置いて犬に食べさせるというしつけを続けるとよい。

3つめの主従関係が逆転している場合は、しつけの基本に戻り、甘やかすのをやめ、毅然とした態度で、飼い主がリーダーであることを教える必要がある。最後の4つめは、ひどいトラウマがあるため専門家に相談するしかない。

トラウマの原因を見つけ、専門家の支持のもとで対処していかなければならない。このように噛み癖の多くは、子犬時代からの育て方に問題がある場合が多いので、小さい時から適切なしつけを行うことが重要なのである。