犬のしつけ対策ナビ

その他のしつけ

食事のしつけ(待て・お座り)

「待て」のしつけは、犬のしつけの必須項目である。絶対に教えておきたい。「待て」は、犬が困った行動をしようとした時に、それを制止するために必ず必要になる。例えば、道路に飛び出しそうな時や人を噛もうとした時、それを我慢させるときに用いる。

「待て」を教えるのは、食事(餌)を前にして我慢させるのではなく、これができた「報酬」として食事を与えるという順序を理解しておいた方がよい。餌を前に犬を我慢させてしまうと、犬の方では、飼い主のことを、餌をくれない嫌な存在として受け取ってしまうからである。この「待て」は食事の時だけでしつけようとせず、生活のいろいろな場面で行うということが大切である。

そして、うまくできたら褒めてあげる。この繰り返しが重要なのである。「お座り」も行っておきたい必須のしつけの一つである。「待て」が行動を止める役割だとすると、興奮状態にある犬を落ち着かせるのが、「お座り」である。興奮している犬でも「待て」の命令は聞くことはできるが、行動をやめてもまだ興奮していることはよくある。

そこで、犬を落ち着かせる、この「待て」のしつけも重要になってくるのである。他人とすれ違う時に、「お座り」をさせることが、飼い主としてのマナーだと言われており、そうした意味でもぜひ覚えさせておきたいしつけの一つである。

この「お座り」を教えるにも、「お座り」の体勢をとった時に、「オスワリ」というコトバをかけ、うまくできた時に褒めてやる。これを何度も繰り返すことで、この体勢とコトバの意味を理解していくようになる。